PHP講座入門

最低限の約束事

PHPタグ

 PHPはテキストファイルですが、HTMLと深い関係にあります。PHPの出力は、基本的にHTMLとして出力されます。

 また、PHPはHTMLに埋め込むことができます。

 先ほど一番最初に作ったコードを見てみましょう。

<?php

echo $_GET['name'] . "さん、こんにちは!";

 これは、このようにも書き直すことができます。そして全く同じ出力結果になります。

<?php echo $_GET['name']; ?>さん、こんにちは!

 <?php(開始タグ)で始まり、?>(終了タグ)で終わる部分がPHPです。このように埋め込むことができます。

 あれ?では上のコードは終了タグがありませんよ? 本当はこうじゃないでしょうか?

<?php

echo $_GET['name'] . "さん、こんにちは!";
?>   

 そうも書けます。しかし.phpファイルがPHPのコードしか含まない場合、終了タグを省略することが(わたし的に)推奨されています。下手に閉じると、最後に変な文字が入っていたりしたら分かりません。

 例えば、全角スペースです。これはエディターによっては見えないんじゃないでしょうか。そうすると、返ってくる結果が微妙に異なることになります。実際上記のコードは最後に全角スペースを入れてあります。分からないでしょう?

 後々出てきますが、includerequireなどを使うと、余分な空白が出力されることになるので、バグ(間違い)につながります。終了タグが必要ないときは書かないようにしましょう。

特殊な開始タグ<?=というのがあります。これはこのように使います。
<?= $_GET['name'] ?>さん、こんにちは!
これは以下と同義です。
<?php echo $_GET['name'] ?>さん、こんにちは!

文の終わり

 PHPの文の終わりには必ず、;(セミコロン)を書く必要があります。

 ただし例外があります。それはその文のすぐ後にPHPの終了タグが来る場合です。

<?php echo $_GET['name']; ?>さん、こんにちは!

 これは、

<?php echo $_GET['name'] ?>さん、こんにちは!

 こうでも問題ありません。

 また途中で改行を含むこともできます。

<?php
echo
	$_GET['name'] .
	"さん、こんにちは!" ?>

 

コメント

 コメントというのは、プログラム中に分かりやすくするために説明を書く、メモ書きのようなものです。

 例を見てみましょう。

<?php
// ここから開始します。

echo $_GET['name']."さん、こんにちは!";

/*
このように
複数行に渡ってコメントを
書くこともできます。
*/

echo "処理の途中に" . /* コメントを入れる */ "こともできます。";

 // これは、その記号以降、行末までコメントになります。

 /*で始まり、*/で終わるブロックもコメントとみなされます。最後の行のように、PHPの分の途中にブロックを作ってやれば、分の途中にもコメントを入れることができます。これは、デバッグなどの際、一部分の処理をスキップさせるのに役立ちます。

 

実行順序

 プログラム言語全般に言えることですが、プログラムは、上から下に実行されていきます

 ループ構造などがあると、上に戻ったりしますが、基本的には上から下です。

 

 ちなみに何度もechoというのが出てきているので、先に説明してしまいます。これは、画面などに右のものを出力しろ、という命令です。

目次

×